10歳から始めたウインドサーフィンでシドニーオリンピックの強化選手として活躍。今度は染め物という日本の伝統文化を持って海外に挑戦したいという夢を持ち江戸小紋を世界に向け発信するビジョンをもった。


by yuichi

プロフィールを見る
画像一覧

7月1日しごき2

d0171384_1129259.jpg

d0171384_112925100.jpg

d0171384_11292552.jpg

蒸し箱から上がった生地を(水元)みずもとに運び、生地を水で洗いながします。昔は川で洗っていましたが、いまは地下水三百メートル掘り下げた井戸水を長さ七メートル、深さ六十センチの川(人工的)に水を流し洗います。なので、昔から染めやさんは川の近くに多かったわけなんです。染め物やと水は切っても切れない仲なのです。
水元で生地を洗っているのは三代目、廣瀬雄望(父)です。因みに廣瀬雄望は廣瀬のブランド作家名です。日本全国に廣瀬雄望の名前ででております。
洗い終わると脱水をして、乾燥させます。天気の良い日は外にロープをかけて乾かします。洗い上がり干しあがるときはなんとも言えずワクワクしますね。染めの上がりが楽しみなのと同時に心配にもなります。色の具合や、染めムラなんかも気になります。一反染めるのにはたくさんの工程をへて出来上がっていきます。どこも熟練の職人が力をふるって作り上げている日本の力を是非感じていただけると幸いです。
[PR]
# by hyuichi422 | 2010-07-01 11:29 | 江戸小紋

6月30日しごき染を見せちゃいます。

d0171384_12305552.jpg

d0171384_12305568.jpg

d0171384_12305538.jpg

d0171384_1230557.jpg

d0171384_12305527.jpg

今日は朝からしごき染です。職人総出で、1日かけて、しごき→蒸し→洗い→乾かしまでをやります。しごきの日はまったく手が離せなく戦場となります。
柄のついた白生地に色糊をのせてローラーとローラーの間を木地が通り、糊が平らになってでてきた所に上からオガクズをかけます。糊がついた生地は折り畳んで蒸し箱に入れるため糊と糊が引っ付かないように、オガクズをかけます。
続いて蒸しに。九十度の蒸し箱に30分間入れ色を定着させます。
[PR]
# by hyuichi422 | 2010-06-30 12:30 | 江戸小紋

6月29日

d0171384_1045136.jpg

d0171384_1045127.jpg

d0171384_1045160.jpg

明日はしごき(地色を染める事)なので、今日は色合わせをして、その糊をよりきめ細かくするために、サラシでこしています。色糊のなかに、ゴミや糊のかたまり、染料の不純物をしっかりと取り除きます。この糊をこす仕事が染め物やの職人の手を、爪を染まってしまう理由なんです。特に黒の染料や、紫色染料は染まりやすいんです。この時期の糊はやわらかくなりやすく、また冬は固くなるのでそのあたりのかたさの調整もたいせつなんです。糊のかたさによって、発色が若干ちがうからなんです。だから一年を通して安定した色を合わせることが難しいんです。冬場は糊が冷たくて本当に大変です。私はやっぱり夏場が一番すきですね。
[PR]
# by hyuichi422 | 2010-06-29 10:04 | 江戸小紋

6月28日

d0171384_11335723.jpg

d0171384_11335757.jpg

d0171384_1133579.jpg

明後日しごき(地色を染める事)をするのでオガクズをよりきめ細かくするためにフルイでふるっています。今やこのオガクズは貴重な物になってきています。日本での木材の製材が激減しているからです。特に染めやで使うオガクズは油やヤニがでずらいオガクズでないと、そのヤニが着物に付着してしまうと落ちなくなってしまうので、なかなかなんでもいいわけにいかないところが苦しいところです。オガクズに変わるものも考えていかないといけないんです。オガクズの使い方としては、しごき染の時に生地にのった色糊が、生地と生地が引っ付かないように表面を保護するために使うものなんです。昔はクズだったものがいまや、製品になりつつありますね。江戸小紋ももっと高価なものになってしまいます。。
[PR]
# by hyuichi422 | 2010-06-28 11:33 | 江戸小紋

6月27日蚊取り豚

d0171384_13325579.jpg

d0171384_13325532.jpg

d0171384_13325565.jpg

やっぱり夏は蚊取り線香ですよね!なんとも落ち着く匂いです。この可愛いの蚊取り豚の容器、お気にいりなんです。なんで豚の形をしているか知ってますか??2つ説があるそうです。一つ目は、豚に付く蚊に困り果てた家畜業者がつくったものだから。二つ目は江戸時代からこんなような形があり、煙を出す穴が豚の鼻ににていたことから。だそうです。んーん。どっちなんでしょうね。以前にこの商品を売っている方に頂いたもので、和室にも洋室にも合うとても良いデザインですよね。
[PR]
# by hyuichi422 | 2010-06-27 13:32 | ヨガ

お知らせ

NEW

変わる、その先へ
三越伊勢丹

http://www.imjs.jp/vol6/


染動画「継承と変革」
http://www.youtube.com/watch?v=q0w0HxtKE0I

染動画「染工程」
http://www.youtube.com/watch?v=TMV1r5R2nHM


iPhone&iPad
アプリ無料ダウンロード中

 ◆HIROSE DYE-WORKS 01



 ◆HIROSE DYE-WORKS 02



 ◆HIROSE DYE-WORKS 03



展示会・催事予定

梅田阪急
6月21(水)~27日(火)
9階 アートステージ
「小紋廣瀬 春夏コレクション」













 リンク

 ◆KOMONHIROSE
  ホームページ ◆



 ◆ニッポンのワザ.COM◆



 ◆ スタイルストア◆

カテゴリ

全体
江戸小紋
イベント&展示会
ヨガ

日々
商品&作品
動画

KOMON HIROSE
comment?

作業工程
コモン
五代目
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..

ライフログ


Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

記事ランキング

ブログジャンル

着物・和装
東京

画像一覧